ぼくの最期の記憶。

2019/05/20

夢を見た。
ぼくが人間だったときの最期の記憶。

誰かが、笑っていた。

どこかで見たことのある笑顔。

そう、

それは、

滅多に笑わない、あの子の笑った顔。

Category

Tag

すべての展示物において、
無断転載/加工/二次配布を禁止します。