ソウスケ「カイトー!」

カイト「なんね~?」

ソウスケ「カイトってぼく達みたいな喋り方ってできる?」

カイト「ソウスケ達みたいな喋り方ね?
    う~ん、練習すればでくっと思うけんどん…どうじゃろなあ…。」

ソウスケ「じゃあ、練習して喋ってみよう!
     ぼく、カイトがぼく達みたいに喋っているところ見てみたい!」

カイト「わかった、やってみろかね。」

ソウスケ「メイー!スギルー!」

スギル「何っスか?」

ソウスケ「あのねー、カイトと練習してたの!」

メイ「何の…練習?」

カイト「ソウスケ達みたいに喋る練習だよ。」

メイ・スギル「「!!???」」

メイ「別人みたい…。カイトさん、器用、すごい…。」

スギル「えっ…この人、カイトっスよね?」

ソウスケ「そうだよ。」

カイト「スギル、名前を呼ぶときは”さん”をつけるんだよ。」

スギル「…ちょっと、ほっぺた叩いてもらっていいスか?」

バシーーーーーーーン!

スギル「痛ッッて!!!!!
    ちょっ、全力でブッ叩かなくてもいいじゃないスか!!!!」

ソウスケ「え、全力じゃないよ。」

スギル「こっっっっわ!!!!」

メイ「素の喋り方はできるの?」

カイト「でくるよ。」

メイ「おお…!」

カイト「なあ、ソウスケ。こん喋り方疲れるかい、
    もう喋らんくてもよかかね?」

スギル「あ、本当だ。カイトだ。」

カイト「…今度からスギルにはソウスケ達の喋り方で話しかけるね。」

スギル「やめて。」

Category

Tag

すべての展示物において、
無断転載/加工/二次配布を禁止します。